$E/SoftBank 920SH
 機種試用レポート
2007.11.16時点

3.2インチフルワイドVGA液晶のAQUOSケータイ SoftBank 920SH

AQUOSケータイの特徴でもあるサイクロイドスタイルを初めて採用し、2006年に華々しく登場したSoftBank 905SH。
そんな初代AQUOSケータイより1年と6ヶ月。 911SH、912SHと順当に進化をし続け、不動の人気を築いてきた同シリーズに、今回さらなる新モデルが登場しました。
SoftBank 920SHは、ソフトバンクのAQUOSケータイ史上もっともスリムで、もっとも大きな液晶を搭載。 注目シリーズの最新機種らしく、とってもハイスペックなモデルです。 912から920へと、機種名の数字も大きくジャンプアップしたように、外観や性能面に大きな変化はあるのか? またその使い勝手は? それでは試用レポートへいってみましょう。

$FZ初めから読む
$G*スペックデータ
$FP新機種試用レポートトップ

■INDEX■

$G.スマートボディに3.2インチフルワイドVGA液晶を搭載
詳細12
イメージ123456

$G.画質や機能がさらに向上したワンセグ機能
詳細12
イメージ123

$G.多彩な機能を搭載しているから、あらゆるシーンで大活躍!
詳細12
イメージ1234

画面はイメージです。 実際の画面とは異なる場合があります。
USIMカードが取り付けられていない時や、ソフトバンクのご契約を解除されている時は、テレビを視聴できません。
ワンセグエリア内であっても、利用環境によってノイズが入ったり、受信できない場合があります。
ワンセグの視聴に通信料はかかりませんが、双方向サービスやウェブを利用した情報取得には通信料がかかります。
「ワンセグ」サービスの詳細については、社団法人デジタル放送推進協会のホームページ(パソコンからhttp://www.dpa.or.jp/)などでご確認ください。
microSD(TM)メモリカードは別売です。
microSD(TM)はSD Card Associationの商標です。
「AQUOSケータイ」、「サイクロイド」、「サイクロイドスタイル」、「リフレクトバリア」、「リニアエッジ」はシャープ株式会社の登録商標または商標です。
Bluetoothは米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。

$FZ初めから読む
$G*スペックデータ
$FP新機種試用レポートトップ

$FnSOFTBANK MOBILE